妊娠線を作らないうるるん肌保湿~しっとり保湿でなめらかに~

妊娠したら

女性

妊娠線とは、女性が妊娠する際にできる線なのですがどういったことが原因でできるかなど知らない方が多いと思います。そこで妊娠線とはなにが原因でなるのか、また予防策あるのかなどを説明したいと思います。妊娠線とは、急激に大きくなるお腹に皮膚の伸縮がついていけなくなり真皮が裂けてできる断裂跡のことで、主に5か月から7か月くらいの一番お腹が大きくなる時期にできやすいといわれています。また、小柄な方や高齢の方などは特にできやすくいです。なぜならば、小柄な方は急激に体が大きくなるのでその伸縮についていけずなります。高齢の方に関しては、皮膚の再生能力が衰えているためなりやすいです。

妊娠線を予防するために大切なことは、体重を増やしすぎないことです。体重が増えすぎてしまうと、急激に体が大きくなり皮膚が耐久できなくなり妊娠線ができてしまいます。それから、乾燥も非常に良くないです。乾燥すると皮膚が割れやすくなるので妊娠線ができやすくなります。もし、乾燥してしまったら、保湿クリームをしっかりと塗ることが重要です。それからオイルなどを使うこともよいでしょう。ベビーオイルなどは安く購入することが可能でありますし、出産してからは赤ちゃんにも使えるため非常に効果的であります。それから、湯船につかることも非常に大切です。血行を良くすることにより、クリームやオイルなどを塗ったときに浸透力が高まるので良いとされています。様々な方法を行ない、妊娠線を解消していきましょう。