妊娠線を作らないうるるん肌保湿~しっとり保湿でなめらかに~

予防しよう

スキンケア用品

保湿を高める

妊娠したときに赤ちゃんのことを考えてしてあげたほうが良いこと、気を付けた方が良いことについて一生懸命勉強する方は多いです。しかし、妊婦さんの体についてもケアをしてあげることを忘れないようにしましょう。妊婦さんが妊娠前と出産後に変わる身体の変化として、妊娠線がお腹に残るということがあります。妊娠線とは、妊娠中に大きくなったお腹に、お腹周りの皮膚がうまく伸びることが出来なかった際に残る亀裂のことをいいます。この妊娠線は、クリームを使用してマッサージすることで予防することができます。妊娠線予防で最も重要なことは、乾燥を防ぐための保湿効果が高いということです。そのため、妊娠線予防用のクリームは、保湿効果が高いという特徴があります。

時期に注意

妊娠線ができやすいところは、お腹だけに限らず、バストや二の腕、太もも、ふくらはぎなどの皮膚が比較的柔らかいところだと言われています。クリームを使ってマッサージケアを始める時に注意したいのが、その始める時期です。つわりが落ち着いたら始めるのが最も効果的です。これは、お腹が大きくなってからではすでにお腹の皮膚が伸びきってしまっている場合が多く、予防することが難しくなってしまうからです。もしも皮膚が伸びきってしまったとしても、諦めずにクリームを使用してケアを行えばそれ以上の進行を食い止めることができます。また、妊娠中は肌が敏感になりますので、刺激のあまりないものや、ニオイのない無香料のクリームを選ぶように注意しましょう。