妊娠線を作らないうるるん肌保湿~しっとり保湿でなめらかに~

努力とコントロール

クリーム

早い時期からケアをする

メディアでは芸能人が妊娠・出産し、すぐに美しいプロポーションを取り戻して復帰しています。また、マタニティ写真を記念に取ったり、SNSに投稿するといったことも多くなっています。そこで、疑問に思うのは、妊娠するとできてしまう確率の高い妊娠線をどのように予防しているのかということです。ミミズばれのような痛々しい姿の後、しわしわのお腹になってしまうのは何としても避けたいことです。そこで、大切になるのが日常でのケアになります。妊娠線が現れるのは、早い人で妊娠7か月位です。しかし、7か月になってからケアしても妊娠線は防ぐことができません。ある程度お腹が大きくなってきたら、意識してケアに努めなくてはなりません。

コントロールが大事です

妊娠線のケアの方法としてオイルやクリームがありますが、気を付けたいのは、妊娠中は肌質が変化し敏感肌になりやすいということです。せっかく予防できても致命的なダメージを肌に与えてしまっては仕方ありません。そこで、お腹に直接塗る際には一気に塗るのではなく様子を見ながら試していきましょう。また、オイル等を塗ったからといってこれで予防ができると安心しきってはいけません。いくら肌を柔らかく保持しても、急激にお腹が大きくなったとすれば、どうしても肌が引きつってしまいます。体質にもよりますが、クリームなどのスキンケアをしながら、医療機関の指示に沿って、急激な体重増加をしないように自己をコントロールしていくことも妊娠線を予防するための前提条件となるでしょう。